愛着のグロリアに、
「廃車」の一言はショックだったけど
ネットで簡単一括査定で逆転笑顔に(^o^)

廃車を間違わないグロリアの判断基準

グロリアを廃車にするかどうかの判断基準は、昔と違います

どうして? 答えは簡単。 昔なら廃車とあきらめてたクルマが買取されてるから。 例えばね。事故車も、水没車も、低年式・年落ちの進んだ古いクルマも、走行距離たっぷりの多走行車も、買取りされてます。

なんで? 理由も簡単。 中古車流通がガラリと変わったからです。 例えばね。発展途上国なども含め海外での日本の中古車の人気から、これまでは廃車とあきらめていた車が売れています。 さらに、ネットなどもあり、クルマとニーズのマッチング精度の向上などで、クルマとしてはダメでも、部品に価値がある場合も。

だから、あなたのグロリアも、廃車と決め込むのはまだ早いです。

ではどうするか? まずはあなたのグロリアの現在の本当の価値を調べます。

それには、日本最大の車買取・車査定ネットのカービューの愛車無料一括査定が便利です。

この方法は、たった3分の簡単入力で、あなたのグロリアの査定を複数の買取店が競う仕組み。 あなたは1番を選ぶだけで、最高価格とその買取店が分かります。

事前に修理もメンテナンスも不要。ありのままで大丈夫だから気軽。事故車・不動車・車検切れ・故障車もそのままでOK。

カービューは実績たっぷりの車買取・車査定ネットだから、大手の有名買取店だけじゃなく、事故車(水没車含む)などの不動車・ダメージカーの買取が専門の業者、さらに地域のニーズに精通した地元業者などもあります。

ダメージカー・低年式など、国内では評価されにくい車の場合、得意な業者以外は買取りできないことも。自分で見つけた買取業者の査定がゼロでガッカリさせられる可能性も高いです。そもそも普通の人が、ダメージカーや低年式車を得意な業者を、限られた時間・知識で見つけ出すのは大変なこと。

でもカービューなら、業者探しから、数分ほどの簡単入力の中で対応してます。

「クルマの査定の比較って、こんな簡単なの?」とビックリされます。

あなたのグロリアに乗って、最寄りのガリバーに行くより、ず~っと簡単。 その上、査定比較までできます。 (ガリバーの査定も、一括査定で比較できます。 ※なお地域により対応買取店が異なります。

カービューを知らずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

簡単なのに査定が高いと喜ばれ、すでに200万人が利用。 もう中古車買取り査定の新しい常識です。




あなたのグロリア、もし廃車として引き取ってもらうなら費用がかかります。 あなたのグロリアの本当の価値に気づかずに廃車にしてしまう失敗をしないためにも、カービューで簡単チェックしましょう。

繰り返しますが、カービューならたった3分の簡単入力で、ガリバー等の複数買取店が査定を競う仕組み。

ですので、もうあなたは一つのお店の言い値を信じるしかない、弱い立場ではありません。 査定を比較すれば価格にも納得できるはず。

ネットで申込むので、もし査定額が低くても、またゼロだとしても、店頭での査定のように気まずい思いをする心配もないですね。

グロリアを、そのまま眠らせておくのはもったいないことです。 グロリアの価値は時とともにどんどん下がっていきます。

あなたのグロリアに残された価値を活かし、最高の買取チャンスを手にするには、あなたの素早い行動も大事です。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


インターネットを利用した査定は、ガリバー(中古車買取実績No.1)やカーチスなど、既に多くの中古車買取店でも始めており、ネットでの査定は当たり前のものとなってます。

利用方法も簡単で、「45秒入力」や「1分入力」などカービュー以上に入力項目が少なく、より簡単なところも少なくないです。

でも、どうしてカービュー? カービューは、ガリバーなど複数の中古車買取店への一括査定なので、あなたの愛車に対応できる中古車買取店の査定を簡単に比較できます。

1社の言い値より、複数買取店が競った査定のほうが、高価買取りの可能性はグッと高まるはず。

初めての人にも、いつも忙しい人にも、喜ばれてます。

走行距離をメモして、車検証を手元におけば、車に詳しくない方でもスムーズに入力できます。

カービューに気づかないまま、愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。




Line

廃車と買取り・下取りの基礎知識

事故車が得意な買取店は?
近頃は事故車でも、修復前(修理前)の状態で無料で買取り査定が受けられます。それを支えているのは事故車などダメージカーの買取りを得意とする買取店。例えば、事故車・故障車・水没車・不動車を「世界の価値基準」で高価買取のタウ(TAU)。全国エリア対応の事故車・不動車買取りのR&W(ラビット・ワールド)。などがあります。また、海外に販路をもち中古車輸出を手がけている買取店なら、低年式や年落ちの進んだ古いクルマも、10万キロを超えた多走行(過走行)などでも喜んで買取してくれることも。それだけ、日本の中古車の信頼度が高いということでしょう。実際20万キロを超えていても元気に走る車は多いですからね。古くなっても発展途上国などの海外なら、まだまだ現役でがんばってくれることでしょう。

買取店いろいろ
最も有名な買取店といえば、買取り実績No.1のガリバー(Gulliver)。ガリバーはテレビCMも多くお馴染みの中古車買取店ですね。買取だけではなく中古車販売のほうでも有名です。カーチス(CARCHS)は年間査定10万件をほこり顧客満足度が自慢です。カーセブン(CAR7)は全国100店舗、買取・販売の両方を手がける中古車買取店です。専門性の高いところでは、輸入車専門のウッドストック(Woodstock)。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取が自慢のラビット(Rabbit)も有名な中古車買取店ですね。20年間で100万台以上の実績を誇るアップル(Apple)。ユーポス(U-POHS)も関西圏を中心によく耳にする買取店ですね。中古車買取店はまだまだありますよ。

車を買うとき・売るとき
車を買うときは、できるだけいい車を安く買いたいです。一方で車を売る時には、できるだけ高く売りたいはず。両方の矛盾した立場を経験していれば、作戦を考えるときには、相手の立場になって考えられるはずですね。車を売る時は欲しい人に、買うときは急ぐ事情がある人を相手にすることが大事。

車の寿命
自動車の寿命を決めるのはどんなポイントになるのでしょうか。買い手がいないというのも大事なポイントですが、すでに所有してる場合は不便なく乗れているうちは寿命とは言えないですね。昔と違い道路もいいですし寿命といわれる走行距離も伸びているようです。ボディ・シャシーなどの腐食など、経年による寿命は環境によります。

廃車のあと
廃車にした場合、そのクルマは解体されます。鉄の価格が高いと、解体に要する費用も賄えった上で利益もでるので、業者にとって鉄の価格は非常に重要です。ところで、解体前に通常は使えるパーツ(部品)は取り出されて別途利用されます。違法業者の中には廃車として引き受けたクルマを一目のつかないところに放置するというところもあるようです。廃車にあたっては業者選びも非常に重要です。

クルマのローンどうする
ローンが残っているクルマを手放すとき、ローンが問題ですね。ちなみに近頃の買取店は残ったローンに関する相談まで乗ってくれるところも多いです。場合によってはローンの組みなおしも紹介してくれたり。クルマを手放すとき、中古車買取店はすごく心強い存在です。

中古車の輸出
中古車の輸出は1980年代から増えてきたようです。当初は日本と同じ左通行の国への輸出がメインだったようですが、1990年代から次第に右通行の国や地域にも右ハンドルのまま輸出されるようになってきました。日本でも左ハンドルの外国車が普通に通行していることを考えれば、ハンドルの右左は案外慣れだけの問題ですよね。

車のこと廃車の判断基準:グロリア事故車も低年式も. マイカーいろいろハイエースワゴン下取りのことについて.

「事故で修理にお金がかかる」「事故って修理代が車両保険でおりる上限金額以上にかかる」「水没させてしまい、車内やエンジンが冠水してしまった」「古くなって故障しがち」「動かなくなってしまった」などなど、愛車の廃車について考えるときは、まずは買取り査定から当たりましょう。ただし、一つの買取店の査定では限界があります。買取店にも得意不得意があります。事故車には事故車専門の、低年式・多走行車にもそれが得意な買取店があります。日本の中古車は信頼性も高く、海外で人気ですので、修理の後輸出され再び車として利用される場合もありますし、車としてはもう終わりでも、それぞれのパーツ(部品)がまだ使える場合もあります。ですので、価値がないと思えても、気がつかないところに本当の価値が隠れているかもしれません。勝手な判断をするより、たった3分の手間ですので一括査定を試してみるのが賢い方法です。


廃車の判断は買取り査定をお試し後が基本

クルマのお役立ちサイト

| 日産自検協・AIRIA自動車公取協・AFTC日整連・JASPA道路交通情報・JARTIC

@トヨタ

@日産

@ホンダ

@マツダ

@スズキ

@ダイハツ

@三菱

@スバル

@その他

特集

#セダン

#ワゴン

#ミニバン

#SUV

#クーペ・オープン

#ハッチバック・コンパクトカー

#軽自動車

#その他

| 廃車の基準

お問い合わせ

ご意見・お問合せなどはコチラ

Copyright © 2007~ 廃車?買取り?【廃車の基準】売れてる事故車/多走行/低年式車とは. All rights reserved