我が家のムーヴカスタム、
査定員の廃車の判定が悔しかったから
試した一括査定でリベンジに成功(^o^)

売れるムーヴカスタムと廃車の判断基準

昔ながらの経験だけで、ムーヴカスタムを廃車と思い込むのは間違い

なぜなら、 昔は廃車が当たり前の車が売れてるから。 修理前の事故車や、動かない水没車にも専門の買取業者がある時代です。 古い・型落ち・多走行だけで価値ナシ判断はもったいないです。

その背景にあるのは中古車流通の販路拡大です。 発展途上国など世界中に日本の中古車は販売されています。 海外からのニーズも反映されて価値観が多様化しています。 さらに部品に価値を見出すなど、車とニーズのマッチングの精度アップも貢献しているようです。 想像もできない買い手があなたを待っているのかも。

つまりムーヴカスタムを廃車と判断する前にできることがあります。

下取り査定だけにお任せするのではなく、ムーヴカスタムの本当の価値をチェック。

欠かせないのが車買取・車査定ネットのカービューです。無料で愛車の一括査定が試せます。

わずか数分足らずの簡単入力で、ムーヴカスタム査定を対応できる業者が競う仕組み。 業者に会う前に査定額で、業者の検討ができるので、初めてでも安心ですね。

事故車や不動車も、査定にあたり修理の必要はありません。 車検切れも、故障車も、そのままの状態で査定が受けられます。

カービューは日本最大の車買取・車査定ネットだから、ガリバーなど有名買取店のほか、事故車・水没車・不動車などダメージカーを専門とする買取店や、低年式車や多走行車を得意とする買取店なども多数参加しています。

ちなみにダメージカーや低年式車は売れてるといっても、どの買取店でも買取りできるのではありません。専門の買取店があります。(普通の中古車買取店なら取扱いできなくて、査定ゼロとなるでしょう。) ダメージカーや低年式車を得意とする買取店を自分で探すのは、きっとかなり大変です。

カービューなら、お店探しも含めてわずか数分の簡単入力でOKです。

「クルマの査定の比較って、こんな簡単なの?」とビックリされます。

あなたのムーヴカスタムに乗って、最寄りのガリバーに行くより、ず~っと簡単。 その上、査定比較までできます。 (ガリバーの査定も、一括査定で比較できます。 ※なお地域により対応買取店が異なります。

カービューを知らずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

簡単なのに査定が高いと喜ばれ、すでに200万人が利用。 もう中古車買取り査定の新しい常識です。




あなたのムーヴカスタム、もし廃車として引き取ってもらうなら費用がかかります。 あなたのムーヴカスタムの本当の価値に気づかずに廃車にしてしまう失敗をしないためにも、カービューで簡単チェックしましょう。

繰り返しますが、カービューならたった3分の簡単入力で、ガリバー等の複数買取店が査定を競う仕組み。

ですので、もうあなたは一つのお店の言い値を信じるしかない、弱い立場ではありません。 査定を比較すれば価格にも納得できるはず。

ネットで申込むので、もし査定額が低くても、またゼロだとしても、店頭での査定のように気まずい思いをする心配もないですね。

ムーヴカスタムを、そのまま眠らせておくのはもったいないことです。 ムーヴカスタムの価値は時とともにどんどん下がっていきます。

あなたのムーヴカスタムに残された価値を活かし、最高の買取チャンスを手にするには、あなたの素早い行動も大事です。


carview
↑ クリック! ↑
たった3分の簡単入力で  愛車の査定を簡単お試し!


インターネットを利用した査定は、ガリバー(中古車買取実績No.1)やカーチスなど、既に多くの中古車買取店でも始めており、ネットでの査定は当たり前のものとなってます。

利用方法も簡単で、「45秒入力」や「1分入力」などカービュー以上に入力項目が少なく、より簡単なところも少なくないです。

でも、どうしてカービュー? カービューは、ガリバーなど複数の中古車買取店への一括査定なので、あなたの愛車に対応できる中古車買取店の査定を簡単に比較できます。

1社の言い値より、複数買取店が競った査定のほうが、高価買取りの可能性はグッと高まるはず。

初めての人にも、いつも忙しい人にも、喜ばれてます。

走行距離をメモして、車検証を手元におけば、車に詳しくない方でもスムーズに入力できます。

カービューに気づかないまま、愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。




Line

廃車と買取り・下取りの基礎知識

事故車が得意な買取店は?
近頃は事故車でも、修復前(修理前)の状態で無料で買取り査定が受けられます。それを支えているのは事故車などダメージカーの買取りを得意とする買取店。例えば、事故車・故障車・水没車・不動車を「世界の価値基準」で高価買取のタウ(TAU)。全国エリア対応の事故車・不動車買取りのR&W(ラビット・ワールド)。などがあります。また、海外に販路をもち中古車輸出を手がけている買取店なら、低年式や年落ちの進んだ古いクルマも、10万キロを超えた多走行(過走行)などでも喜んで買取してくれることも。それだけ、日本の中古車の信頼度が高いということでしょう。実際20万キロを超えていても元気に走る車は多いですからね。古くなっても発展途上国などの海外なら、まだまだ現役でがんばってくれることでしょう。

買取店いろいろ
最も有名な買取店といえば、買取り実績No.1のガリバー(Gulliver)。ガリバーはテレビCMも多くお馴染みの中古車買取店ですね。買取だけではなく中古車販売のほうでも有名です。カーチス(CARCHS)は年間査定10万件をほこり顧客満足度が自慢です。カーセブン(CAR7)は全国100店舗、買取・販売の両方を手がける中古車買取店です。専門性の高いところでは、輸入車専門のウッドストック(Woodstock)。日本最大級の中古車オークションと連携で高価買取が自慢のラビット(Rabbit)も有名な中古車買取店ですね。20年間で100万台以上の実績を誇るアップル(Apple)。ユーポス(U-POHS)も関西圏を中心によく耳にする買取店ですね。中古車買取店はまだまだありますよ。

海外での日本の中古車
発展途上国を含む海外で、日本の中古車が人気です。日本の中古車の輸出ものびているようです。その恩恵で、昔なら廃車しかなかった古い車やダメージカーも売れてるようです。海外で日本の中古車が人気なのには理由があります。クルマを大事に乗る日本人の気質や国内の舗装率の高さ、車検制度などで日本車は評価が高いようですよ。

廃車のあと
廃車にした場合、そのクルマは解体されます。鉄の価格が高いと、解体に要する費用も賄えった上で利益もでるので、業者にとって鉄の価格は非常に重要です。ところで、解体前に通常は使えるパーツ(部品)は取り出されて別途利用されます。違法業者の中には廃車として引き受けたクルマを一目のつかないところに放置するというところもあるようです。廃車にあたっては業者選びも非常に重要です。

純正品と社外パーツ
社外パーツを搭載している場合、一昔前なら純正品に戻して査定を受けることがすすめられていました。でも、近頃は社外パーツの査定が得意な車買取店あるので、社外パーツが必ずしもマイナス要因に働かないこともあります。査定の当たり前はどんどん変わってきています。せっかく手に入れた社外パーツだから、高く評価されるといいですね。

クルマのローンどうする
ローンが残っているクルマを手放すとき、ローンが問題ですね。ちなみに近頃の買取店は残ったローンに関する相談まで乗ってくれるところも多いです。場合によってはローンの組みなおしも紹介してくれたり。クルマを手放すとき、中古車買取店はすごく心強い存在です。

旧車といえば
旧車といえば、1960年代~1970年代のトヨタでは、クラウンの2代目~5代目、マークIIの初代~3代目。日産ではセドリックの初代~4代目、ブルーバードの2代目などが代表的です。そのほか三菱ミニカ、日産スカイライン、ローレルのなどもいいですね。トヨタ2000GTや日産フェアレディZなども・・・まだまだありますね。

愛車なるほどオンライン中古車査定アリストのことです.

「事故で修理にお金がかかる」「事故って修理代が車両保険でおりる上限金額以上にかかる」「水没させてしまい、車内やエンジンが冠水してしまった」「古くなって故障しがち」「動かなくなってしまった」などなど、愛車の廃車について考えるときは、まずは買取り査定から当たりましょう。ただし、一つの買取店の査定では限界があります。買取店にも得意不得意があります。事故車には事故車専門の、低年式・多走行車にもそれが得意な買取店があります。日本の中古車は信頼性も高く、海外で人気ですので、修理の後輸出され再び車として利用される場合もありますし、車としてはもう終わりでも、それぞれのパーツ(部品)がまだ使える場合もあります。ですので、価値がないと思えても、気がつかないところに本当の価値が隠れているかもしれません。勝手な判断をするより、たった3分の手間ですので一括査定を試してみるのが賢い方法です。


廃車の判断は買取り査定をお試し後が基本

クルマのお役立ちサイト

| スズキダイハツロードサービス・JAF交通事故紛争・JCSTAD自工会・JAMA

@トヨタ

@日産

@ホンダ

@マツダ

@スズキ

@ダイハツ

@三菱

@スバル

@その他

特集

#セダン

#ワゴン

#ミニバン

#SUV

#クーペ・オープン

#ハッチバック・コンパクトカー

#軽自動車

#その他

| 廃車の基準

お問い合わせ

ご意見・お問合せなどはコチラ

Copyright © 2007~ 廃車?買取り?【廃車の基準】売れてる事故車/多走行/低年式車とは. All rights reserved